渡良瀬遊水地に生育しているスベリヒユの全体画像と説明文書
渡良瀬遊水地に生育しているスベリヒユの画像

スベリヒユ  スベリヒユ科  学名:Portulaca oleracea

花期  7~9月
出会い度 ★★★★★ (渡良瀬遊水地内)
草丈 15~30 cm 
環境 畑地や荒地の日当りのよいところに生える。 
特徴 肉質無毛で、茎は帯褐紅色、くさび型の長楕円形の葉を互生する。他に似た植物はない。 
備考 山形県米沢市及び周辺地域では花が咲く前のやわらかい全草を摘んで、おひたしにするか、一気に短時間で乾燥させて”ひょう干し”として保存して冬期の菜としている。オカヒジキもどういうわけか海浜植物でありながら米沢地方で古くから栽培されてきて、昨今は全国に広がり食されるようになったが、双方とも芥子醤油でいただくと美味しい。