渡良瀬遊水地に生育しているナガバノウナギツカミの全体画像と説明文書

ナガバノウナギツカミ  タデ科

学名:Persicaria hastato-sagittata  準絶滅危惧 

花期  9~10月
出会い度

★☆☆☆☆(渡良瀬遊水地内)

草丈 30~80 cm、高茎のものに寄りかかりながら1 m以上に立ち上がるものも見られる。 
環境 日当りのよい湿地。 
特徴 茎に下向きの刺毛がある。アキノウナギツカミに似ているが、葉の基部はほこ型であることが多く、質が硬い。花柄には腺毛がある。何より頭状花序は鮮やかなピンク色が目立つので、混生地でも容易に区別できる。 
備考