渡良瀬遊水地に生育するニオイタデの全体画像と説明文書

ニオイタデ  タデ科  学名:Persicaria viscosa

花期  8~10月
出会い度 ★★☆☆☆ (渡良瀬遊水地内)
草丈 30~150 cmほどとなる 
環境 湿地内の日当たりのよいところに生える。 
特徴 とにかく茎に付く褐色系の長い開出毛が目立つので花がなくとも容易に区別できる。また茎は赤くて花序や花と同じ色をしている。オオケタデも長い開出毛があるが葉身の幅が広いので一見して違いがわかる。 
備考 どこにでも生育しているようでいて意外に出会いは少ないように思われる。