渡良瀬遊水地に生育しているナガハグサの全体画像と説明文書
渡良瀬遊水地に生育しているナガハグサの画像その2

ナガハグサ  イネ科

学名:Poa pratensis  外来種 

花期  5~6月
出会い度  ★★★★☆(渡良瀬遊水地内)
草丈  50~70cm
環境  日当たりのよい草地、道ばた
特徴  多年草。ユーラシア大陸原産。イチゴツナギ属でこの仲間の全体的な特徴として、芒(のぎ)がない、小穂が多数の小花からなる。ナガハグサは多年草であること、基部の節間が肥厚しない、桿は扁平でない、葉舌は長さ3mm以下で円頭、桿は平滑などで同定できるが、極めてよく似ているものにミスジナガハグサがあり、遊水地にもあるかもしれない。
備考  遊水地では、堤防や日当たりのよい草地、道ばたなどで見られる。