渡良瀬遊水地に生育するカサスゲの全体画像と説明文書

カサスゲ カヤツリグサ科  学名:Carex dispalata

花期  5月
出会い度  ★★★★★(渡良瀬遊水地内)
草丈

 40~100cm

環境  湿地
特徴  多年草。上部の雄小穂は薄茶色で長さ3~10cm。下部に緑色の雌小穂がつく。葉の幅は4~8mm。スゲの仲間は同定が難しくルーペが必要となるが、本種は遊水地で最も普通に見られる。絶滅危惧種のヌマアゼスゲは葉が細い。アゼナルコは小穂が垂れる。オニナルコスゲウマスゲ、絶滅危惧種のジョウロウスゲは小穂が大きい。その他、絶滅危惧種のハタベスゲヤガミスゲミコシガヤシバスゲエナシヒゴクサマスクサなどがある。
備考  渡良瀬遊水地の湿地の優占種の一つ。明治・大正期にはこれで菅笠を作り、この地域の一大産業だった。