渡良瀬遊水地に生育しているハナウドの全体画像と説明文書
渡良瀬遊水地に生育するハナウドの画像その2

ハナウド  セリ科

学名:Heracleum moellendorffi

花期  5~6月
出会い度 ★★☆☆☆ (渡良瀬遊水地内)
草丈 1~1.5 mほどになる 
環境 山野に生える。関東平野では河川敷の林縁や密生していないチガヤオギの草地で見かけることが多い。 
特徴 大きな 3出葉か単羽状複葉の葉を展開する。大型の花序を初夏につけているのは本種と、高地や北国に生えるオオハナウドぐらいである。一稔性植物で花を咲かせた株は枯れる。 
備考 分布域の違いによって開花期は多少異なるが、この仲間は春植物と見てもよいのではないか。