渡良瀬遊水地に生育するエゾノギシギシの全体画像と説明文書
渡良瀬遊水地に生育するエゾノギシギシ拡大画像

エゾノギシギシ  タデ科

学名:Rumex btusifolius  外来種 

花期  6~9月
出会い度  ★★★★★(渡良瀬遊水地内)
草丈  50~120cm
環境  日当たりのよい草地、道ばた、荒れ地
特徴  多年草。ヨーロッパ原産。大型。葉はやや丸く、基部は浅い心形。赤みを帯びることが多い。果実を包む内花被の縁に著しいトゲがある。ギシギシの仲間で、似たものにスイバナガバギシギシ、ギシギシ、アレチギシギシ、コギシギシノダイオウがある。
備考  遊水地では湿地にはなく、堤防や日当たりのよい草地に生える。