渡良瀬遊水地に生育しているタタラカンガレイの画像

タタラカンガレイ  カヤツリグサ科

学名:Scirpus mucronatus var. tataranus

花期

 8~10月

出会い度  ★★☆☆☆☆(渡良瀬遊水地内)
草丈  40~90cm
環境  湿地
特徴 茎の横断面は 3 角形状であるが、カンガレイと異なり、稜に逆 3 角形状の翼があるので稜は尖らず平坦になる。 
備考 昭和6年関本平八によって、群馬県館林市多々良沼で採集されたのでこの名がある。